お葬式の参列者の言葉使い

お葬式の時に周りから白い目で見られないようにするためには、言葉遣いについてもしっかりと注意する必要があります。いかにしっかりとした服装やヘアスタイルをしていても、言葉遣いがしっかりとしていないと、参列者として認めてもらう事ができない可能性があります。

どのエリアやどの宗派でも避けなければいけないのが、繰り返しの言葉を使う事です。繰り返しの言葉とは、「度々」であったり、「重ね重ね」のような言葉が繰り返されるような表現であったり、引き続きやもう一度など現状が未来に繋がるような言葉は使ってはいけません。また、死を連想するような言葉も使ってはいけません。特に、直接的に死をイメージされる死亡や事故死、急死、死因、死去など死が絡んでいる言葉を使うのは、参列者としては絶対にしてはいけないことです。

また、会話の長さについてもしっかりと確認するようにしてください。故人を思うと、どうしても饒舌になってしまうようなケースがありますが、お葬式の際には短い言葉を適切な音量ではっきりと言うのがマナーになります。思いの丈が溢れてしまって、ダラダラと長くお悔やみの言葉を述べてしまうと、遺族の方の負担になってしまいますし、他の参列者の方の時間を奪ってしまう事にも繋がります。弔辞なども同様で、発言の長さには注意しなければいけません。長く話してしまうとボロがでやすくなってしまい、失言などが増えてしまう傾向があります。例えば、生存中などといった直接的に死を連想させてしまう言葉も出やすくなってしまいますので、短くまとめるようにしましょう。