お葬式の参列者の服装

お葬式の参列者は、服装にも十分な注意が必要になります。特に女性の方は男性の方よりも服の選択肢が多くなっていますので、失敗する可能性がとても高いので注意しましょう。基本的にお葬式の参列者は、喪服で統一するのがベストです。色々な宗派やエリアごとの違いはありますが、故人の遺言で喪服を禁止しているような特別な事情がなければ、お葬式の参列者は喪服という事になります。

男性の喪服は、黒や濃紺などのダーク系の色味のスーツと、ダーク系でシンプルなネクタイの組み合わせになります。薄っすらとでしたらストライプが入っていても問題ありませんが、シンプルな無地のスーツにしたほうが無難です。男性の方は、基本的にアクセサリーはつけないようにします。靴はスーツに合わせて黒い靴にするのが定番です。光沢のあるエナメルの革靴や、スニーカーなどはNGになりますので注意してください。

女性の方が喪服を選ぶ場合には、黒のフォーマルスーツかワンピースが定番になります。肌の露出は抑えなければいけませんので、長袖にするようにしましょう。ただし、季節によって七分丈や五分丈、半袖などを選ぶ事ができます。上半身だけでなく下半身の露出も抑えなければいけません。そのため、スカートの丈はヒザよりも下にする必要があります。訃報はいきなり入ってくるものですので、日頃から喪服を用意しておくというのはとても重要なポイントになります。例えば、黒のジャケットとワンピースのセットなどを用意しておくと、季節を問わず使用する事ができますのでおすすめです。