お葬式の参列者が持参する香典

お葬式の参列者は、香典を用意しなければいけません。一部の家族葬などの場合には、事前に香典をお断りしているようなケースがありますが、一般的なお葬式の参列者は、香典は必ず持参する事になります。突然の訃報で急いでお通夜に駆け付けたという場合は、翌日の告別式でお渡しするような事もありますが、お通夜の時にお渡しすることも多いです。

お通夜にも告別式にも参加できないような場合には、直接行かなくても郵送で贈るようにします。郵送で贈る場合には、香典を不祝儀袋に包んだうえで現金書留の封筒に入れて送ります。香典だけでなく、必ずお悔やみの手紙と一緒に送るようにしましょう。

お葬式に参列する場合には、香典を裸で持ち歩くのは大きなマナー違反になります。香典を持参する時には、ふくさに包んだまま手に持つようにしましょう。ふくさは不祝儀用のふくさを用意し、結婚式のふくさとは別にします。お葬式の時に使用するふくさは、グレーや紫、緑、藍など落ち着いた色のふくさを用意します。

気になる香典の額ですが、故人との関係性であったり、自分の年齢、社会的な地位、お葬式が行われるエリアによっても大きく異なります。少ないのはマナー違反になりますが、逆に多すぎてしまうのもご遺族の方の迷惑になりますので、適切な額を包むようにしましょう。故人が勤務先の上司や同僚などの会社関係に場合には、5,000円から10,000円が相場となっています。取引先の方の場合にも同じく5,000円から10,000円が相場になります。祖父母の場合には10,000円から50,000円、両親の場合には30,000円から最も高額の100,000円、兄弟や姉妹は30,000円から50,000円、親戚は10,000円が相場となっています。